教科書には載っていない転売法

教科書には載っていない転売法 実践編 不用品販売Vol.1

投稿日:

家の不用品を売ってみよう!!

出典:メルカリnews より引用

すごいですね( ゜o゜!)エェッ

不用品だけで1人あたり28万もの隠れ資産があるなんて日本はほんと豊かな国ですよね。
不用品にはそれだけの潜在価値があるのです。

今はコロナ禍で在宅ワークやテレワークが増えてきたいま、ネットでのフリマやオークション販売はまさに絶好機ですね。

断捨離で大量に出品する人も多いし、また買う方にとっても安く良いものをゲットできるチャンスでもあります。

 

転売の最も良いところは、”誰でも簡単に始められること” です。

私も転売やせどりをやり始めた”きっかけ”は自分の不用品を売ってから面白くなって転売をはじめました

 

だいたい金額に直して30万円以上の不用品を売却しました。

 

転売をこれからはじめようとする人は是非この不用品を売ることからはじめることをオススメします。

 

不用品の売り方

 

ネット販売

 

不用品の売り先はネットでいえば、『ヤフオク』『メルカリ』『ラクマ』がメインとなります。

どうせ売るなら、少しでも高く売りたいので、
例えば、マニアっぽいものを売りたい時は『ヤフオク』

女性の服や靴はユーザーの女性割合が高い『メルカリ』で売却する。

などそれぞれの特色を利用して少しでも高く売っていきましょう。

 

参考⇒ ヤフオクとメルカリとラクマいったいどれがおすすめ??!!

 

ヤフオク、メルカリ、ラクマ の他、送料がかかるものは『ジモティー』に掲載して引き取りに来てもらう

宝石などは質屋リサイクルショップなどで査定をしてもらってから売却する等。

 

参考⇒ 不良在庫の処理方法

 

まずは売る習慣を付ける

 

売る習慣

 

不用品の中には「こんなの売れる訳ない」「壊れてるから売れない」「古すぎるから売れない」

何でも売れない なんて勘違いしていませんか?

 

例えば壊れている家電製品だってパーツが欲しい人が買ってくれますし、使いさしの「香水」や「化粧品」なんかも売れます。

ブランドの紙袋や新聞紙、お菓子の容器や雑誌の付録、使用済みの靴下まで・・・なんでも・・ヤバイです(*_*)ほんと

 

所謂、自分の決めつけによって売れないだろうとは思わず、とにかくなんでも売ってみる、出品してみる ことから始めてみましょう。

売れなくても全然恥ずかしくないし、大丈夫です。
ダメだったら廃棄すればいいだけのこと。

まずは場数を踏んでとにかくたくさん出品して慣れることから始めてみましょう。

 

意外なモノが高値で売れたり、想像以上に高値が付かなかった「残念な商品」が出てきたり(笑

色々な発見があります。面白いですよ。

 

どういったモノが人気があってどのくらいで売れるのか少しずつわかってくるのです。

 

そうすることで一番大事な『相場感』が養われます。

 

何でもリサーチせよ!!

 

リサーチする人

 

いくら不用品を売るだけといっても、やみくもに売るだけではダメですよ。

最低いくらで売れるのか?また売れないものなのか?

売れないモノを必死で売ろうとしたって、時間と労力の無駄になるだけですからね。

 

最低限ちゃんとリサーチしてから出品しましょう。

これから先、いろいろな物を仕入れて売っていく上で『リサーチ』ほど大事なことはありません。

稼いでいる人は例外なくリサーチをたくさんしています。

不用品だけでも20万程売ればリサーチ力もついてくるし、売れるものと売れないものの判断ができるようになりますからね。

 

是非リサーチすることを習慣にしてください。

 

 

 

次はいよいよその”リサーチのやり方”について解説します。
お楽しみに!!!

 

-教科書には載っていない転売法
-, , , , , , , ,

Copyright© Nomadic Life , 2020 All Rights Reserved.