Amazon せどり

店舗で仕入れた商品に店舗のスタンプが押されたら??

投稿日:

 

せどらーにおける保証書の存在

 

Amazonで商品を出品する場合、

保証書ってどうするの?

もし保証印が押された場合どうするの?

保証印が押された商品や、保証書をそのまま出していいの?

 

せどらーがよく頭を抱える問題の一つです。

 

まずいうと、Amazonのコンディションガイドラインの最新では

 

保証印を押されると新品では販売することが出来ません。

 

ではどうすればいいのか、いくつかの解決法を解説します。

 

保証印を押されないようにする

 

商品を購入する際、家電量販店やホームセンターの多くは、通常のレシートと他に、自動的にレシートタイプの保証書が出されます。

私もこれに慣れてしまっているのでたまに判子を押すところに遭遇すると

慌てて「押さないで下さい」と言ってます。

 

まずは未然に防ぐことが一番重要です。

 

ここはなんとしても死守してください^^

 

「贈り物として配りたいので購入した店を知られたくない」

とはっきり言えばいいのです。

 

「保証ができなくなりますよ」といわれても

「構いません」とクールにw答えましょう。

 

ビジネスですから。(こっちも必死なんですよお~)ww

 

保証印を押された場合

 

それでも押されちゃった場合。

 

わたしもあります、油断をしていて押されたとか。

転売に厳しい店だと押さないと売ってくれないところもあるそうです。

 

いずれしても

保証印が押された地点で保証期間がはじまっていることになり、

アマゾンのコンディション規約上、中古品扱いとなってしまうのです。

 

裏技的に、保証書自体を自分で保管する とか せどらーがよく使う

Mr.カラーうすめ液 でスタンプを消してしまう。

 

という方法もあるにはありますが、これはあくまでも自己責任で。

あまりオススメはしません。

 

というのもAmazonの規約やガイドラインは年々厳しくなってきており、

セラーにとってのリスクがかなり高くなりました。簡単にアカウント停止になる世界です。

くだらないことで”垢バン”になっちゃったら身も蓋もないですからね。

 

 

ここはアマゾンの最新ガイドラインに沿って”安全策”を

とっていくことをオススメします。

 

 

新品を強調しつつ中古品として出品する

 

商品説明欄が大事になってきます。

 

通常の新品ですが

アマゾン規約上、コンディションを中古品にしています として

「保証書に保証印あり。

メーカー保証期間は〇〇〇〇年〇月〇日まで」

と書いて出品しましょう。

 

中古品ですので別にそこまで書かなくても特に問題にはなりませんが、

お客さんからは誠実で丁寧に思われます。

 

保証書をつけない場合はあくまでも『未使用』だということを強調しましょう。

本来は普通の新品と同じですよとアピールする 

↑ ↑ ↑

これポイントです^^

 

メルカリやヤフオクで新品として売る

 

アマゾンで新品として出せなくて、中古として出したとしても

「中古だったら利益取れないしな~」ってなったら

 

メルカリ や ヤフオク で新品として売っちゃう。

というやり方もあります。

アマゾンほどコンディションの規約は厳しくないので堂々と新品として

出品することができます。

いずれにしても利益の出る方を選んで出品しましょう!!

 

 

保証書期間での対応について

 

保証期間のうちに(まあほとんどないですが)

”壊れた”とか言われた場合どうするのか?

 

私の場合、返品してもらったうえでだいたい全額返金しています。

 

本来、修理した上で同じものを渡すのがよいのでしょうが、

ネットでの売買の場合返品される送料と再び送る送料、そこに送料がダブルで追加されるわけです。

とくに送料が大幅にアップした今、それだけでたいへんな出費になります。

 

それよりか気持ちよく返金した上で、そのお金で同じ新しいものを

買って下さい。

 

としたほうが購入者さんも損はしないし、販売する方も無駄な経費がかからず済みます。

 

返品されたものは保証書で修理したうえで、また再販すればいいのです。

 

そうすれば購入者からすれば使ったうえで、またタダで新しい商品が手に入るし、販売者からしても返品送料と手数料のダメージだけで済みます。

まあ多少はマイナスになりますが最小限です。

 

それで文句いわれたことは一度もありません。

 

まとめ

  • 保証印は押されないように事前に死守!
  • それでも押された場合は自己責任でスタンプを消す
  • 諦めて 新品同様の 中古品 として 出品する
  • ヤフオク、メルカリなど販路を変えて売却する

保証書にスタンプを押されるだけで正直けっこう面倒ですね(苦笑

 

お客さんからすると保証してもらうのは当然のことで、

 

けっこうそのへん忘れがちになっちゃって 

ついつい目先の利益のことばかり考えてしまいがちになりますが、

そればかり考えているとクレームのもとになります。

 

せどりは、お客さんあっての商売です。

 

長く続けていくには

「いかにお客さん目線で考えられるか」

 

が大事ですね。

 

 

がんばりましょう!!!

 

 

-Amazon, せどり
-, , , , ,

Copyright© Nomadic Life , 2020 All Rights Reserved.